近代産業遺産アート再生プロジェクト まか通ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子ども版絵解き 地獄絵のおはなし (田中)

こんにちは!お久しぶりです!
情報デザイン学科1回生の田中です。

さて、今回は8月9日(火)に『東山夏まつり2016』にて開催されました、
『子ども版絵解き 地獄絵のおはなし』
についてです!
ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました!

毎年、地獄絵のおはなしでは「親よりも先に死んではいけない」というメッセージを込めていますが、今年はそれにプラスして
「良いことも悪いことも必ず誰かが見ている」というのを込めました。

今回のイベントは、二部構成で行われました。
第一部では、まか通メンバーと六原倶楽部の方々による読み語り。
第二部では、おはなしに登場した地獄についての説明、六原倶楽部の方々の感想などをお聞きしました。


_DSC1631_convert_20160814102240.jpg

第一部の地獄絵のおはなしが始まります!

_DSC1639_convert_20160814102553.jpg

地獄のシーンになると会場の空気も一変します!

_DSC1662_convert_20160814102730.jpg

「がえ″り″だい″いいいいいいいいいい!!!!」
と泣き叫ぶほど怖がっていた子どももいるほどでした!

_DSC1659_convert_20160814102637.jpg

子ども達の真剣な眼差しに思わず私も感動…


引き続き第二部もスタート!
キャスト紹介後、スライドを使いながら地獄についての説明をしました。


_DSC1679_convert_20160814102805.jpg

等活地獄、焦熱地獄、黒縄地獄、賽の河原と地獄にはいろいろな種類があり、生きている間に犯した罪によって場所が変わります。

そして今回のテーマ、「親より先に死んではいけない」こと「良いことも悪いことも必ず誰かが見ている」ということを踏まえて、
六原倶楽部の方々に感想を伺いました!

_DSC1703_convert_20160814102827.jpg

_DSC1712_convert_20160814102859.jpg

閻魔大王役の岡本さんは「悪いことは誰かが必ず見ている。でもそれだけじゃなくて、普段から自分自身が自分を見つめることも大切
ということ、
次郎の母、女の鬼役の児嶋さんは「生きている間の行いによっては、この世だって天国にも地獄にもなる。」ということ

などなど!ご自身のお子さんのエピソードなども交えながら素敵なお話を沢山聞かせていただきました!
子ども達や大人の方も熱心し聞いておられました!
六原倶楽部の方々、本当にありがとうございました!

今回の地獄絵のおはなしで、初めて司会をやらせていただき緊張しましたが最後まで
先輩方がアドバイスをくださり落ち着いて臨むことができました。
本番でも子ども達がしっかりとはなしを聞いてくれ、おやじさん達にも沢山助けていただきました。

帰り際に子ども達に感想を聞くと
おじぞう様がえんま大王って知らなかった! 」「悪いことしない!命大切にする!
と言ってくれた子がいて、とても嬉しかったです!

前日までバタバタして心配なこともいっぱいあったのですが、終わってみると
長い時間をかけておやじさん達とおはなしを作り上げて子ども達に私達の思いを伝えることができ、
とてもやりがいを感じられました!

以上、田中でした!!
関連記事
  1. 2016/08/14(日) 10:51:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地蔵盆 読み語り〜地獄絵のおはなし〜(石山) | ホーム | 陶器人形完成パーティー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maka2log.blog43.fc2.com/tb.php/584-9814ec46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。