FC2ブログ

近代産業遺産アート再生プロジェクト まか通ブログ

お火焚き(日比野)

こんにちは!
美術工芸学科1回生の日比野です。

今回は11月29日日曜日
若宮八幡宮さん で行われたお火焚きについてです。

お火焚きという言葉を耳にすると、みなさんはどのようなイメージを浮かべますか?
人形供養、針供養…など、火にくべる姿が印象的ですよね。

火_convert_20151204195132 

古代より、火は水と同じくらい生活に欠かせない大切なものです。
(例えば、食べ物の調理、暖をとる、明かり、動物避け…)

利益をもたらすだけでなく、時には害をもたらすこともあったでしょう。
全てを燃やして灰にする火は、罪や穢れまでも消し去ってくれる気がします。
そこから畏敬の念に繋がっていったのではないでしょうか。

お火焚きも同様に、くべられた火に様々なものを入れていきます。
実りの季節である秋、豊穣に感謝し、火によって厄を祓い清めるのです。
いつもお世話になっている若宮さんですが、この日は少し違った雰囲気が漂っていました。

若宮さん 

お火焚き1_convert_20151204202150 

お火焚き2_convert_20151204211126 

願いが書かれた護摩木や食べ物などがたくさん持ち寄られ、火の中に消えていきます。
鍾馗神社で使っていた注連縄も入れさせていただきました。
1年間の感謝をこめて、燃えていく様子を見守りました。
もちろん、これからも鍾馗さんが東山区で愛されますように!と願いましたよ!



お火焚きの後にはご飯をご馳走になりました!

お火焚き・ご飯

美味しくいただきました!

初めてお火焚きに参加したのですが、その迫力や雰囲気にすっかり圧倒されてしまいました。
こうした神事に参加できるのは、本当に貴重な経験だと思います。

学生の私たちが鍾馗神社を建立できたのも、鍾馗祭をおこせたのも、
若宮さんをはじめ地域の方々のご協力あってこそです。
改めて、まか通は地域の方々に支えられているのだなぁと実感しました。

帰りにはお札やお守り、お饅頭などをいただき、
心も体も温まることができた1日でした。

それでは、またお会いしましょう。
日比野でした!
関連記事
  1. 2015/12/04(金) 19:16:02|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タグラグビー(小形) | ホーム | 12月イベントの告知(青木)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maka2log.blog43.fc2.com/tb.php/565-b39bca41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)