FC2ブログ

近代産業遺産アート再生プロジェクト まか通ブログ

座談会についての告知(井本)


こんにちは!



またまた1回生の井本です!

今回は前回告知させていただいた鍾馗祭と同日に開催する

座談会についてのお知らせです~!





前回もちょこっと書かせていただいたのですが、


11月7日に開催する鍾馗祭の直後、

同会場の若宮八幡宮内にて

まか通メンバーによる座談会を開催します!!

今回は関本先生やゲストさんをお招きするのでなく、

まか通メンバーの情報デザイン学科2回生の助石充優さんがメインとなって守り神についてのお話をします!







~まか通プレゼンツ「守り神」ってなんだろう座談会~


昔から現在まで、ひっそりと存在する守り神や供物の文化。

初詣や夏祭りなどで私たちは知らず知らずのうちに神様たちを祀っていたり、

手をあわせてお祈りをしている。

これらには色々な理由があり、家の神棚の神様や地域のお地蔵様もただそこにいるわけでなく

私たちを見守っているのです。


守る側と守られる側の関係。昔の人たちは何を思って神様に奉納していたのでしょうか。


改めて思うと、今の私たちは守られているのでしょうか。


そして、私たちが忘れ去ってしまったものは 守り神、お供え物の由来だけなのでしょうか。



それについてみなさんに考えてもらうきっかけをつくるため、

私たちまか通はこの座談会を開催します。



座談会チラシ(表)





座談会チラシ(裏)




六原地区ですっかりおなじみの鍾馗さんにも、

どんな由来があってどんな意味があるのか、詳しく知らない方も多いのでは?

鍾馗さんについてもっと知りたい!と思ったら

鍾馗祭の後にこの座談会に足を運んでみてはどいかがでしょうか!


「守り神」について興味がある方もそうでない方も、

みなさんを楽しませるお話を用意してお待ちしております。








それでは座談会についての詳細です。



<~まか通プレゼンツ「守り神」ってなんだろう座談会~>

日程 11月7日(土)
時間 15:30~16:30
場所 若宮八幡宮/社務所
料金 カンパ制

*ご予約も当日参加も受け付けております。









11月7日は前回のブログでもお知らせさせていただいた通り、

鍾馗祭当日でもあります!

どちらもまか通メンバーが心をこめて準備をしておりますので、

お時間のある方はぜひ両方とも遊びに来てくださいね♪

どちらかだけの参加ももちろんOKです!

それでは当日お会いしましょう~!






==========================================

【申し込み・お問い合わせ】
Email:maka2pro@gmail.com
Tel:075-791-8763 ※受付時間 9:00 ~ 17:00 ( 土日祝を除く )
京都造形芸術大学 プロジェクトセンター担当:久保、濁川

==========================================
関連記事
  1. 2015/10/28(水) 22:07:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10/31 しめ縄ワークショップ (加藤) | ホーム | 鍾馗祭についての告知(井本)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maka2log.blog43.fc2.com/tb.php/559-a96ffde7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)