近代産業遺産アート再生プロジェクト まか通ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こども版地獄絵のおはなし(是永)

こんにちは、是永です。

本格的に夏に入り、毎日暑い日々が続きますね。
水分をしっかりとって体調を整えて暑い夏をのりきりましょう!

さて、今日は8月9日(土)に行われます、『こども版地獄絵のおはなし』についてご紹介します。

地獄とはいったいどのようなところなのでしょうか。
どんなことをしたら地獄へ落ちてしまうのでしょうか。
地獄へ落ちてしまったら、どんな恐ろしいことが待ち受けているのでしょうか。

このイベントではお子様向けに、オリジナルの地獄絵のおはなしを学生の語り部が読み聞かせをします。
会場はおどろおどろしい雰囲気に包まれており、夏の暑さを忘れる体験になるでしょう。

しかし、怖がらせて終わるのではありません。
第一部地獄絵のおはなしの後、第二部では通妙寺第30世谷口真也様による説法を行います。
生きるうえで大切なこととはいったい何なのか、やさしく、わかりやすくおはなししてくださります。

地獄絵は近年、こどもたちの道徳心を養うツールとして注目されています。
この夏、身をもって恐怖を体験することでこどもたちが悪いことはしてはいけないんだと学び、そしてその教えを次の世代にも伝えていってほしいと思います。


また、今回の語り部は学生だけでなく、六原学区の方々にもご参加していただいております。
ご協力を引き受けてくださった皆様、ありがとうございます。

まか通語り部チームは、イベントに向けて毎日練習に励んでいますよ!
今日は練習の様子をチラリとお見せしちゃいます!

BsutZMmCIAABeI9.jpg

BsqW-dDCQAAs7lG.jpg


本番に向けてみんな、気合がはいっていますね。
わたしも当日が楽しみです!


今回ご紹介させていただきました『こども版地獄絵のおはなし』は定員30名・要予約制となっております。
イベントを逃さず楽しむためにも、是非お早めにご予約してくださいね。

【申し込み・お問い合わせ】
Email:maka2pro@gmail.com
Tel:075-791-8763 ※受付時間 9:00 ~ 17:00 ( 土日祝を除く )
京都造形芸術大学 プロジェクトセンター担当:久保、木村

それでは、皆様のご来場心よりお待ちしております。

次回は8月10日(日)『鍾馗まつり』についての更新です。
お楽しみに!

今回、こちら側の不手際で地獄絵のおはなしのご紹介の更新が遅れてしまい、まことに申し訳ございませんでした。

是永
関連記事
  1. 2014/07/28(月) 01:23:26|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鍾馗祭(鈴木) | ホーム | 熊野観心十界図・地獄絵絵解き(井澤)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maka2log.blog43.fc2.com/tb.php/509-797879ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。