近代産業遺産アート再生プロジェクト まか通ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【告知】8月三大イベント!陶器人形の復活/地獄絵絵解き/鍾馗祭(城)

こんにちは。

今日はまか通8月のイベントについて告知をします!

夏休みはイベント盛りだくさん。
なんと大きなイベントが3つもあります。見逃さないようチェックしてくださいね!

① 地獄絵絵解き
→熊野観心十界図地獄絵絵解き
→子ども版絵解き 地獄絵のおはなし

② 鍾馗祭り

③ 陶器人形の復活


以下、それぞれの詳細です。


front.jpg  back.jpg

nakamen.jpg

※クリックで拡大できます


----------------------------------------------------------------------------------------

①陶器人形の復活

<陶器人形の復活>

 陶器が盛んなまち、東山区五条坂近郊。かつてこの地域で作られていた「陶器人形」を、40年の時を経てこの度復活させる。

期間:8月7日(木)〜8月10日(日) ※4日間の展示
   →期間中であればいつでもご覧いただけます。
場所:若宮八幡宮(京都市東山区)
料金:無料


----------------------------------------------------------------------------------------

②地獄絵絵解き

<熊野観心十界図地獄絵絵解き>

 毎年お盆、六道参りの時期になると西福寺の地獄絵の展示と絵解きが行われてきました。しかし、住職さんが亡くなられ、絵解きをするものがいなしまいました。そこで、このイベントを通してかつての町の風物詩であった絵解きを復活させていきます。また、この行事がかつてのように毎年地域に根付いていくように地域に復元していけたらと思います。

日時:8月8日(金) 18:00〜/受付開始17:30
場所:西福寺
料金:一般1000円
定員:25名 ※要予約
ゲスト:西山克先生(関西学院大学教授)、ロイヤルハンチングス


<子ども版絵解き 地獄絵のおはなし>

 悪人が死後送られ罰を受ける“地獄”。そんな地獄の世界を惨く、恐ろしく描いた地獄絵は近年、子供たちの道徳心を養うツールとして注目されています。
 地獄絵に触れることで、今日では伝える機会の少なくなってしまった数多くの教訓を身をもって学ぶことができます。さらに今回は地域の方に協力していただき、共にイベントを作り上げていくことで、大人から子供へそして次の世代へと受け継がれていく、口頭伝承を地域に根付かせていくきっかけづくりをしていきたいと思います。

日時:8月9日(土) 18:00〜/受付開始17:30
場所:やすらぎふれあい館(京都市東山区)
料金:無料(カンパ制)
定員:30名 ※要予約

【申し込み・お問い合わせ】
Email:maka2pro@gmail.com
Tel:075-791-8763 ※受付時間 9:00 ~ 17:00 ( 土日祝を除く )
  京都造形芸術大学 プロジェクトセンター担当:久保、木村

※地獄絵両イベントは要予約制です。
すでに受付開始していますのでお申し込みはお早めに!



----------------------------------------------------------------------------------------

③鍾馗祭

<鍾馗祭>

 東山区六原周辺では、「鍾馗さん」と呼ばれる厄除け、勉学の神様が屋根の上に置かれているのが多々見られる。かつて中国から伝わりその家を厄から守ってきた鍾馗さんだが、多々見られるといっても「京都市内で比較的」の話であり六原周辺に祀られている鍾馗の数は決して多くはない。そして残念なことに六原周辺の地域住民にも知名度が高いわけでもなく、「お地蔵さま」のように人々が敬い、感謝する祭りも存在しなかった。そこで我々まか通で鍾馗さんに感謝をする祭事を興すことで埋れてしまっていた文化にスポットを当て、地域の方が六原というまちの良さを再認識する仕掛けづくりをする。

日時:8月10日(日) 祭祀開始10:00〜/鍾馗舞巡行11:00〜
   ※鍾馗舞巡行ルートについては上記画像の地図をご覧下さい。
場所:若宮八幡宮(京都市東山区)
料金:無料


----------------------------------------------------------------------------------------


以上、盛りだくさんの4日間です!!!
地獄絵の両イベントのみ予約制ですのでご注意ください。
陶器人形の展示と鍾馗祭への参加は自由となっていますのでぜひ覗きに来て下さい。

また、陶器人形制作の様子などはツイッターで随時更新しています。
⇒ https://twitter.com/maka2pro

では、全イベントに参加してこの夏休みを充実させてくださいね。
自由研究もきっとバッチリですよ〜!

皆様のご参加を心よりお待ちしております。
関連記事
  1. 2014/07/08(火) 13:49:00|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熊野観心十界図・地獄絵絵解き(井澤) | ホーム | 神社Fw>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maka2log.blog43.fc2.com/tb.php/507-1a1a401e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。