近代産業遺産アート再生プロジェクト まか通ブログ

卒業式(平田)


こんにちは。4回生になりました平田です。
久しぶりのブログ更新になります!

もう桜が咲いているというのに、先月の卒業式のことについてです。
ご報告が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

3月18日に京都造形芸術大学、卒業式が行われました。
そして、私たちまか通からはご卒業された先輩方が3名いらっしゃいます。

リーダーとTA(ティーチングアシスタント)を勤め上げてくださった
頼れる先輩、芝さん。
(卒展では歴史遺産学科にて学長賞を受賞されておりました。色々と凄すぎます…!)

4年間まか通を影で支えてくださったスーパーな技術者、伊藤さん。
(とてもとてもメンバーから愛されていたのです!寂しいです。)

専門知識の多さには、お話しをされる度に驚いてました。
困った時にいつも自転車をかっ飛ばして駆けつけて下さった八峠さん。
(まか通のイベント、お待ちしております!)


卒業式が行われている間は他のメンバーが3人をお祝いするための飾り付けなど準備をしていました!

_DSC6447_convert_20170408095107.jpg


お3人とも本当に素敵な晴れ姿でした。
まか通メンバー全員が揃うことができなかったものの、
OG、OBの先輩方も卒業式に駆けつけて来てくださり、
とても温かくおめでたいお見送りが出来た気がします。


_DSC6453_convert_20170408095249.jpg

個人的には3年間一緒にまか通での活動をさせて頂いた先輩なので、
ついに先輩が居なくなってしまうという事実が非常に寂しく、不安でもあります。
ですが同時に私もまか通での経験を大切に大切にし、先輩方のように前を見て卒業できるようにしたいと思いました!


芝さん、伊藤さん、八峠さんは大学からいなくなってしまいますが
別の場所でも夢に向かって頑張ってください。まか通全員で応援しています。
そしてまたお会いできることを楽しみにしています♪

最後にみんなで記念写真。

笑顔!
寂しい!
感謝!
ありがとうございました!


芝さん、伊藤さん、八峠さん、ご卒業おめでとうございます!

_DSC6452_convert_20170408095341.jpg


P.S もう新年度に入っていますね…新メンバーに会えることが楽しみです!

  1. 2017/04/08(土) 10:05:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鐘馗祭お疲れ様でした(小城)

皆さん、おはこんばんは。
お久しぶりです。子ども芸術学科一回生の小城です。
おでんが美味しい季節になりましたね。

はい、皆さん鐘馗祭お疲れ様でした。
今回は11月6日(土)、若宮八幡宮にて開催されました、
『鍾馗祭』についてです。

お越し下さった方、本当にありがとうございました。

今回、私は舞で鐘馗さんを担当させていただきました。

前々から先輩方に鍾馗祭で舞がやりたいと言っていたので鐘馗さんやっていいってなった時は嬉しかったですね。

舞の内容は鬼の先輩と一緒に考えました。
舞を考えてる時、鬼の武器と鐘馗さんの武器を見比べて
鬼の武器の方がデカくて長い、鐘馗さんの武器は小さくて短い

「コレ、鐘馗さん負けるやん。鬼かよ。いや、鬼やったわ。」

練習中の時に、鐘馗さん片手で大剣を受け止めれるほどの力持ち設定ということにしました。

舞の練習は先輩と予定が合わなくて朝7時に集まって練習していました。
(お互いに朝が弱いので多少…寝坊はしてましたが...)
大変でしたね…

では、そろそろ鍾馗祭の内容に入りたいと思います。

はい、まずは神事です。
私は裏で準備していて見ることができてないです。残念です…
DSC_0139_convert_20161111222814.jpg

今回は鐘馗神社の御神体の制作者の吉田さんがお話をしてくださいました。
DSC_0142_convert_20161111223035.jpg


能管、太鼓は東西屋の小林さん、川口さんに協力していただきました。
DSC_0143_convert_20161111223115.jpg


奉納舞です。
東西屋のお二人のおかげで迫力のある舞ができたと思います!
そして、前を向いたとき予想以上に人がたくさんいてびっくりしました。
_DSC0797_convert_20161111225008.jpg

DSC_0203_convert_20161111225402.jpg

最後に、巡行舞が行われました。
六原学区の鍾馗さんが飾られた家を訪れ、一年間の感謝と清祓いをしました。
DSC_0279_convert_20161111225854.jpg


DSC_0291_convert_20161111230439.jpg


途中、手しごと職人のまち東山活性化プロジェクトさんが
開催している東山職人弾丸ツアー9、オリジナルショップ・展示会場の藤平陶芸登り窯跡地にもお邪魔しました。
DSC_0317_convert_20161112000444.jpg

まか通OB、OGの先輩方も見に来てくださいました。
DSC_0377_convert_20161112002842.jpg


今回ご協力してくださった東西屋の小林さん、川口さん、若宮八幡宮の方、
吉田さん並びに土谷さん、そしてここまで足を運んでくださった方々、本当にありがとうございました。

鍾馗祭は来年も開催する予定です。
その際はぜひ、またご協力、ご来場してくださるとうれしいです。


以上、小城でした。

  1. 2016/11/10(木) 09:29:21|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鍾馗祭のお知らせ(森田)

こんにちは。情報デザイン学科2回生の森田です。
すっかり秋になり、肌寒くなってきましたね~
食欲の季節なので、授業中にも食べ物のことを考えてしまいます(笑)


さて、今回は11/6(日)に開催する鍾馗祭についてお知らせいたします。

鍾馗さんとは、屋根の上でよく見られる神様です。
商売繁盛・勉学・厄除けなどのご利益があります。
(東山区には特に多いことで知られていますので、見たことのない方はぜひ探してみてくださいね~)


そして鍾馗祭は、
「いつも私たちのために頑張ってくれている鍾馗さんに感謝しよう」という日です。
1年で積もった鍾馗さんの穢れを祓います。

若宮八幡宮で行う奉納舞
町内を練り歩き、各家の鍾馗さんを順々にお祓いしていく巡行舞の二部構成になっております。
(巡行舞のルートは、下記添付のチラシをご確認ください。)

また、今年もまか通オリジナル鍾馗さんグッズを販売します。
当日は常時販売しておりますので、ぜひお立ち寄りください!



syoki2016-front.gif


syoki2016-back.gif


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



<鍾馗祭詳細>
日付 11月6日(日)
時間 13:00~15:00
場所 鍾馗神社(若宮八幡宮内)にて

※雨天の場合は、神事と奉納舞のみ決行
(若宮八幡宮内社務所にて)


<当日のスケジュール>
13:00 鍾馗祭 神事開始
13:30 奉納舞
14:00 巡行舞(雨天の場合中止 )



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




そして同日、まか通OB吉田さんによる
鍾馗祭ツアーも開催されます。

どんな鍾馗さんが佇んでいるのか、まちを見ていきながら探していきます。
ツアーの最後には、鍾馗神社の御朱印を授与します。
他では手に入らないものなので、興味のある方はぜひぜひ!

鍾馗さんを探して知って、鍾馗祭をより楽しむことができるツアーですよ~!


<鍾馗祭ツアー詳細>
日付 11月6日(日)
時間 10:00~11:30(受付開始9:50)
集合 東山区役所1F
料金 1500円(鍾馗神社の御朱印つき)
定員 20名(要予約)


<お申し込み方法>
下記のEmailアドレスにて、「鍾馗祭ツアー」と伝え、
お名前・人数・ご連絡先を添えてお申し込みください。

Email mizuki.y0503@gmail.com
担当 吉田瑞希(鍾馗神社ご神体制作者)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




↓鍾馗祭会場の「若宮八幡宮」




↓鍾馗祭ツアー集合場所の「東山区役所」



※ どちらも会場に駐車場、駐輪場はありません。
お近くの有料パーキング、公共交通機関をご利用ください。

また、観光シーズンのため周囲は大変混雑が予想されます。
時間に余裕を持ってお越しくださることをおすすめします。





最後に……

若宮八幡宮さんのご協力のもと、まか通が若宮八幡宮内に鍾馗神社を建立して4年になります。
関係者一同、「鍾馗さんをもっと知ってもらい、この先も残っていってほしい」との想いでいっぱいです。

少しでも興味を持っていただけた方は、ぜひお立ち寄りください。
それでは、皆様のお越しを心よりお待ちしております!




【お申し込み・お問い合わせ】
Email:maka2pro@gmail.com
Tel:075-791-8763 ※受付時間 9:00 ~ 17:00 (土日祝を除く)
京都造形芸術大学 プロジェクトセンター担当:にごりかわ





  1. 2016/10/16(日) 16:27:32|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地蔵盆 読み語り〜地獄絵のおはなし〜(石山)

こんにちは!お久しぶりです。
こども芸術学科1回生の石山です。

8月の各町内の地蔵盆にて絵本『地獄絵のおはなし』を読み語りしてきました!
20日は薬師町、多聞町
21日は五条新道町、清水新道町、東轆轤町
27日は中轆轤町
に行きました!

どこの町内も優しく受け入れてくださり嬉しかったです。


まずは薬師町からでした!一番初めだったので緊張しましたがみなさん真剣に聞いてくださいました!
薬師町_convert_20160925234702

次に多聞町。地蔵盆を知らなかった子にも分かりやすく伝わったかな?
多聞町_convert_20160925234518


五条新道町。終わった後にも絵本を見に来てくれる子もいました!
五条新道町_convert_20160925234426


清水新道町。近くまで来て見てくれる子もいました!
「お地蔵さんはどこかな?」
清水新道町_convert_20160925234455


東轆轤町。子どもたちも大人の方々もたくさんの方に見ていただけました!
東轆轤町_convert_20160925234606


最後に中轆轤町です!子どもも大人も皆さんとても仲が良くにこやかに聞いてくださいました!
何回もやってきたので一番うまくできたと思います!
中轆轤町_convert_20160925234544

今回まか通では地獄絵の絵本を作り、読み語りを行いました。また、製作した絵本は読み語りを行ったご町内に寄贈もさせていただきました。

緊張しましたが子どもたちだけではなく大人の方々も真剣に聞いてくださり良い時間になったと思います。
前のイベントよりさらに近くでみなさんの声を聞くことができました。
地蔵盆について分かりやすかった、これからも伝えていってほしいなどの声があり伝えることができてよかったです。
また、たくさんの方々に褒めていただき嬉しかったです。
これからも頑張っていきます。ありがとうございました!

お地蔵様は元々村や子どもを守る存在です。
良いことも悪いことも、みなさんのことを見守っています。
地蔵盆はそんなお地蔵様に感謝する日です。


そして、子どもが一番やってはいけない罪は親より先に死んでしまうこと。
お母さん、お父さんにとって一番辛いことなので命を大切にしましょう!


最後に
悪いことも良いことも誰かは見ていること
見守ってくれているお地蔵様に感謝すること
命を大切にすること

忘れずにいて欲しいです。

以上、石山でした!


  1. 2016/09/26(月) 17:48:23|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子ども版絵解き 地獄絵のおはなし (田中)

こんにちは!お久しぶりです!
情報デザイン学科1回生の田中です。

さて、今回は8月9日(火)に『東山夏まつり2016』にて開催されました、
『子ども版絵解き 地獄絵のおはなし』
についてです!
ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました!

毎年、地獄絵のおはなしでは「親よりも先に死んではいけない」というメッセージを込めていますが、今年はそれにプラスして
「良いことも悪いことも必ず誰かが見ている」というのを込めました。

今回のイベントは、二部構成で行われました。
第一部では、まか通メンバーと六原倶楽部の方々による読み語り。
第二部では、おはなしに登場した地獄についての説明、六原倶楽部の方々の感想などをお聞きしました。


_DSC1631_convert_20160814102240.jpg

第一部の地獄絵のおはなしが始まります!

_DSC1639_convert_20160814102553.jpg

地獄のシーンになると会場の空気も一変します!

_DSC1662_convert_20160814102730.jpg

「がえ″り″だい″いいいいいいいいいい!!!!」
と泣き叫ぶほど怖がっていた子どももいるほどでした!

_DSC1659_convert_20160814102637.jpg

子ども達の真剣な眼差しに思わず私も感動…


引き続き第二部もスタート!
キャスト紹介後、スライドを使いながら地獄についての説明をしました。


_DSC1679_convert_20160814102805.jpg

等活地獄、焦熱地獄、黒縄地獄、賽の河原と地獄にはいろいろな種類があり、生きている間に犯した罪によって場所が変わります。

そして今回のテーマ、「親より先に死んではいけない」こと「良いことも悪いことも必ず誰かが見ている」ということを踏まえて、
六原倶楽部の方々に感想を伺いました!

_DSC1703_convert_20160814102827.jpg

_DSC1712_convert_20160814102859.jpg

閻魔大王役の岡本さんは「悪いことは誰かが必ず見ている。でもそれだけじゃなくて、普段から自分自身が自分を見つめることも大切
ということ、
次郎の母、女の鬼役の児嶋さんは「生きている間の行いによっては、この世だって天国にも地獄にもなる。」ということ

などなど!ご自身のお子さんのエピソードなども交えながら素敵なお話を沢山聞かせていただきました!
子ども達や大人の方も熱心し聞いておられました!
六原倶楽部の方々、本当にありがとうございました!

今回の地獄絵のおはなしで、初めて司会をやらせていただき緊張しましたが最後まで
先輩方がアドバイスをくださり落ち着いて臨むことができました。
本番でも子ども達がしっかりとはなしを聞いてくれ、おやじさん達にも沢山助けていただきました。

帰り際に子ども達に感想を聞くと
おじぞう様がえんま大王って知らなかった! 」「悪いことしない!命大切にする!
と言ってくれた子がいて、とても嬉しかったです!

前日までバタバタして心配なこともいっぱいあったのですが、終わってみると
長い時間をかけておやじさん達とおはなしを作り上げて子ども達に私達の思いを伝えることができ、
とてもやりがいを感じられました!

以上、田中でした!!
  1. 2016/08/14(日) 10:51:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ